気分の安定を生活の安定に!三環系の抗うつ剤の良さを受け継ぐSSRI

精神科のうつ病治療に大きな変化をもたらしたお薬と言えば「三環系」の抗うつ剤です。
ところがこのお薬は、副作用が大変多く効果が高いものの使いづらさが目立つお薬でした。
そこで三環系のお薬のよいところだけを取り出して、安全性を高めたお薬が創られました。
「SSRI」です。

三環系のお薬の特徴をSSRIに盛り込んだ

三環系のお薬は、私たちの脳内にある感情を司る成分であるセロトニンやドーパミン、これらを総称して「モノアミン」の量が減らないようにという狙いで創られたお薬です。
狙いはよかったものの、モノアミン以外の部分にまで効果を及ぼしてしまったが故副作用が強いお薬という性格を持ってしまいました。
SSRIは三環系のお薬の持つ狙いのうち、「セロトニン」に特化して創られたお薬です。

SSRIっていったい何の略称なのか

SSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という正式名称がついています。
再取り込みというのは、セロトニンが脳内で吸収されなくなってしまうことを言います。
セロトニンが減ってしまっては困るのですから、セロトニンの再取り込みを阻害しようというのがSSRIの特徴です。

広く治療で使われているお薬である

効果を現すのがセロトニンだけという魅力から、現在の治療現場では広く使われています。
様々なお薬が登場していますが、SSRIの新規のお薬や改良も多いのです。

今後もSSRIはたくさん使われていることだろう

効果と副作用のバランスが上手にとられており、新しい患者さんにも使いやすいと言うことから広く普及したSSRI。
今後もうつ病治療の現場でよりたくさん使われていくことでしょう。
気持ちを安定させることは生活の安定にもつながるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


    ピックアップ記事

    1. 登録されている記事はございません。

    カテゴリー

    アーカイブ