どうしてお医者さんは抗うつ剤のSSRIを第一選択にしているの?

うつ病を治療するときに、たいてい多くのお医者さんが「SSRIを処方します」とか「SNRIを処方します」という判断を下します。
なんだか三環系とか四環系とか、いろいろな抗うつ剤があるというにもかかわらずどうしてこの人はすぐこのような判断をするのかと疑問に思われるかも知れません。
しかしちゃんと理由があってSSRIやSNRIを第一の選択とするのです。

安全性の高い治療から進めていくことが治療の鉄則

お医者さんは「安全性の高い治療」からはじめていきます。
これは精神科に限ったことではなく、外科でも内科でも同じ話です。
いくつかの治療の選択肢があるときに一番危険な治療から始めていっては、患者さんの命が危なくなってしまいますからね。

SSRIだけをとってみてもいろいろなお薬があるから

SSRIを一回投与しただけで効果が現れなかったからと言って、すぐに治療方針を変えることはまずありません。
何ヶ月か服用しても、なかなかよくならないと言うときにはほかのお薬に変えることから検討します。
安全性の高いSSRIは商品によっていろいろな効果を現すため、人によって合う合わないがあるのです。

治療を進めていくうちに昔のお薬へ戻るかも知れない

様々なSSRIを使ってみたものの、いっこうに改善の余地が見られないあるいは重症化していると言うときには、昔のお薬へ戻る可能性があります。
ただ危険性が高い治療へと切り替えるため、お医者さんも患者さんもそれなりの覚悟を必要とするのです。

効果を現す安全なお薬を積極的に活用しよう

多くのうつ病は、SSRIなどの効果を現し安全なお薬で治療が可能です。
用法用量を適切に守れば、ちゃんと治すことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


    ピックアップ記事

    1. 登録されている記事はございません。

    カテゴリー

    アーカイブ