やる気を出すとともに痛みも軽減してくれる抗うつ剤「SNRI」

お薬によっては「一つの効果しか現さない」ということがあります。
SSRIもセロトニンには特化しているものの、それ以外の部分には少し弱いという性質があるのです。
こうした弱い部分を補って、より多くの患者さんに適用できるように改良が加えられたお薬を「SNRI」といいます。

セロトニンだけではなくノルアドレナリンにも

SNRIは「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」と呼ばれるお薬です。
再取込を阻害する、すなわちセロトニンとノルアドレナリンが少なくならないようにしてくれる働きを有しています。
セロトニンが減少してしまうとうつっぽくなってしまいます。
一方ノルアドレナリンが減ってしまうと、やる気がなくなってしまいます。
これではいつまでたってもうつ病が治りませんから、お薬で調整してあげようというのがSNRIの特徴といえるでしょう。

うつ病で起こりうるあの症状にも効果を発揮する

ノルアドレナリンには、うつ病によって起こる体の痛みを抑える効果も有しています。
すべての患者さんが表す症状ではないものの、うつ病の痛みには有効と言われているのです。

どんなお薬として発売されているのだろうか

抗うつ剤としてはいったいどのようなお薬として発売されているのでしょう。
商品名ですと「サインバルタ」というお薬が有名です。
様々な医療機関で処方されていますし、薬局などでも取り扱いの多いお薬になります。

いろいろなお薬があるからSSRIとともに使い分けていく

SNRIとSSRIは治療との相性がよいため、状況に応じて使い分けていくお薬です。
それぞれのお薬が持っているいいところを使いながら、患者さんのつらい状態を解決できるという機能があるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


    ピックアップ記事

    1. 登録されている記事はございません。

    カテゴリー

    アーカイブ